きなこSHOW

VBAと日々の戯言

ひじきご飯作るなら「まじっくひじき」一択ですよ!

スポンサーリンク

連休最終日、ひじきご飯を炊く事がたまにあります。
晩ごはんで炊きたてを堪能し、残りはおにぎりにして翌日のお弁当にすると二度幸せ。
炊きたてが美味しいのはもちろん、冷めても美味しいひじきご飯が何も考えずに作れる「ひじきご飯の素」を紹介します。

おウチごはんの救世主「まじっくひじき」

炊き込みご飯の素なしでは、まともなごはんが作れません

ひじきに限らず炊き込みご飯全般で、「素 」に頼らないと大したものが作れないんですよ。なんか自信なくて。

そんな私の救世主は「ナカダイ まじっくひじき」です。

ナカダイまじっくひじき

どーん!

袋から出すとこんな感じです。

塩昆布ではない

見ため塩昆布に似ていますが、乾燥ひじきと白い粉がひとつのパッケージに入っています。液体だしじゃなく、粉末調味料なのです。
この白い粉はあやしいモノではなく、かと言って塩100%ではないのです。
袋に残った粉末を舐めてみたら、どこかで知ってるような化学調味料に似た味がしました。もしかするとあれ(某の素)みたいなやつでしょうか。

調理手順を解説します

裏面にざっくりしたレシピが書いてあります。

お米3合につき、60〜70g入れて通常の水量で炊けとしか書いてないパッケージ裏面。

雑なレシピ

ざっくりし過ぎ。写真ブレ過ぎ。これだけだと初めての人は不安になるでしょう。

レシピが解りにくいと自分は正しく作れないのですが、まじっくひじきの場合は何も考えず炊飯器に投入して大丈夫です。

ひじきの分の水加減を考慮する必要はなく、お米を研いだらコメ3合分の水を入れ、本品をぶちこみましょう。ひと袋の内容量は65グラムなので、計る必要もなし。

まっ黒スタンバイ

まっ黒だけど、大丈夫。

袋の中には、乾燥剤とか脱酸素剤みたいな、食べちゃいけない物は入ってないはず(2018年1月現在)なので、開封したら内釜にダイレクトでインしてます。
あ、念のため確認はしてくださいね。

インしたら炊き込みご飯モードで炊きます。

炊きあがり

炊きあがりまっ黒

まっ黒。でも信じて。

ほぐしたところ

ほぐし中。旨そう。

 

茶碗に盛りまーす

茶碗に盛った所

出汁の香りとほんのり醬油味で、旨いです。

お代わり

おこげ

おこげも香ばしくて旨いです。
白い粉の成分に砂糖とか水飴とか入っているので、このおこげクオリティですよ。

残ったらおにぎりします

おにぎり単

おにぎりも旨い。
旨いしか言えん語彙力のなさ。

 

どこで買えますの?

今回のは秋葉原にある日本百貨店しょくひんかんで買いました。

日本百貨店しょくひんかん

しょくひんかんってまあまあ広いので、千葉県コーナーを探すと置いてあります。
その千葉県コーナーも広いんですけどね。
店員さんに聞けば教えてくれるかも知れないし、分からないかもしれない。

 

Amazonでは現在在庫切れ。次いつ食べられるか不安になってきた...

以前はAmazonでも買えたのです。
他の買い物をしたついでにこの商品を買ったりしていましたが、どうやら在庫切れのようで、検索してもヒットしません(涙)
在庫が復活したら更新したいと思います。

※追記※

Amazonの販売が再開したようです。
しかし通常1~2ヶ月以内に発送とは...

一方しょくひんかんの方は探しても見つからなくなってしまった...深刻なひじき不足なのか...

 

連休終わりですよ...

先週はウォーミングアップみたいなものでしたが、明日からは本格的に仕事が動き出します。
はぁ〜明日っから仕事かぁ〜
連休前に戻りた〜い、年末に戻りた〜い、赤ん坊に戻ってスヤスヤした〜い、うわあああん(泣)

元気を出して

仕方ねえ、最後かもしれないおにぎり持って、明日っから仕事だっ!