きなこSHOW

VBAと日々の戯言

アニメ「メイドインアビス」最終回直前おさらい会

いま最も注目している作品「メイドインアビス」を紹介したいのです。
次でいよいよ最終回ですが、ここに来て新たな風呂敷広げまくりで目が離せません。
なんと最終回は1時間スペシャルだそうで、私の中では終わってしまう寂しさ半分、ドキドキわくわくの大騒ぎなのです。
せっかくスペシャルなメイドインアビスなので、初めて観る方に向けて最終回を楽しむための基礎知識を、少ない力で手っ取り早くネタバレ控えめでおさらいしたいと思います。

概要

メイドインアビスとは、奈落の底にもぐった母ちゃんを探す旅

ナナチが言ってた言葉そのままですが、つまりはそういう話。
補足しますと「アビス」と呼ばれる巨大な縦穴がありまして、アビスの最深部=「奈落」に憧れ、多くの探窟家たちが挑みますが、生還した者は居ません。
奈落に潜ったまま還らない母、伝説の探窟家ライザを探して、ライザの娘リコと記憶をなくした少年ロボットのレグが奈落を目指し旅をする話です。

登場人物でおさえておくのはたったの4人

12話現在、リコ達はアビスのけっこう深い場所に居るのでそもそも人間が少ないのです。なので、覚えておくべき登場人物はそう多くありません。

リコ

ライザがアビス探窟中に産んだメイドインアビスの主人公。メガネっ娘
ライザがラストダイブ(深層部に行って還らない探窟)に出た後は孤児院で育つ。
アビスから出土したライザの白笛と、「奈落の底で待つ」と書かれた手紙を見て、母を探す決心をしたリコ。まだ赤笛(見習い探窟家)なのにラストダイブ。
孤児院で学んでいたので、アビスについて多少の知識はある。
12話時点のリコは、高熱と上昇負荷で意識不明。ナナチのアジトで療養中。

レグ

孤児院の探窟作業中、アビスの巨大蛇に襲われていたリコを救った少年。
見た目は少年だが、掃除機の電源ケーブル状に伸びる腕と、刃物を通さない皮膚、手のひらに火炎放射器を持つロボット。
孤児院のリコの仲間からは、アビス史上最も価値のある遺物『奈落の至宝(オーバード)』じゃね?って言われている。
性格は生真面目でナイーブ。めちゃくちゃ人間的。

火炎放射は、撃つとエクスプロージョン的に気絶しちゃう。
なんでか記憶を失っていて、ときどき断片的な言葉を思い出す。
「度し難い」が口グセ。

ナナチ

アビスの4層(地上に近いところから1・2・3と数えた4層)で、アビスの危険生物に襲われ、毒にやられて意識を失ったリコと、大泣きするレグを助けたウサギ風の生物。エンディングには初回から登場していたが、アニメ本編は10話になってやっと登場。
元は人間だったが、自らを「成れ果て」と呼ぶ。モフりたい。

ミーティ

ナナチのアジトでともに暮らす相棒。ナナチ同様、人間の「成れ果て」。元は少女だったそうだが、成れ果てとなった現在は人の姿をとどめておらず、見た目は動く鶏肉。
時折声を上げるが言葉を話す事はできない。

毒と高熱で目を覚まさないリコに被さって、何かを懸命に話そうとしている様子。
ミーティの謎は最終回で明らかになるのかもしれない。

用語説明:アビスの「上昇負荷」

「上昇負荷」についてだけはおさらいしておきましょう。

アビスの探窟は、帰路に問題がある。
深く潜るほど、帰路にかかる身体的負担は重く激しくなる。
深界一層:軽いめまい
深界二層:吐き気と頭痛、末端のしびれ
深界四層:全身に激痛、流血
深界六層から、人間性の喪失、もしくは死に至る
(メイドインアビス3話より)

上昇負荷は「アビスの呪い」とも呼ばれていて、探窟家がアビスから生還できない原因のひとつです。
リコとレグも、毒のあるトゲをもつ危険な生物タマウガチに襲われ、攻撃の届かない高い場所に避難します。その時の上昇負荷で、リコは全身から血を流し、意識を失ってしまいます。

進捗

最終話なのにナナチ過去篇?

ナナチがミーティの体にタマウガチの毒を注射して作ったワクチンで、リコは一命を取りとめます。

リコの回復を待つ間、レグに上昇負荷の仕組みをレクチャーするナナチ。
ナナチの遠隔指導で、レグはタマウガチを倒す事に成功します。
このまま4人で暮らせばいいのに...と思ってしまいました。

12話の最後、ナナチはレグに「ミーティを殺してくれ」と頼むのです。
「相棒」なんて言ってるほど仲良しなのに、介護疲れなのでしょうか。
ミーティを背負ったナナチが雪山を進んでいく回想シーン、そして最終回へ続きます。

 

僕らはまだ冒険を続けている

素晴らしいストーリーなのにかいつまみ過ぎて、ファンの方々からお叱りを受けそうです。

踏まれても仕方ないと思っており、むしろ踏んで欲しいですすみません。
全話視聴した方が楽しめることはもちろんなので、時間が許す限り1話からご覧いただくことを推奨いたします。1期最終回の感動はひとしおです。

観てみたくなった方は、こちらでOA情報をご確認ください。

miabyss.com

最新話が読める原作コミックはこちら。

mangalifewin.takeshobo.co.jp

ぜったい第2期あるでしょ?としか思えない新たな伏線。
まったくもって...まったくもって...度し難い!