読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きなこSHOW

どうやったら寝たまま仕事ができるかあれこれ考える。

英語をゆるく学習できるテレビ番組見つけました

英語 寝たまま

英語が話せるようになりたいな~と、なんとなく思っております。
とくに必要に迫られているわけではなく、ただぼんやりと思っていました。
でも、英会話教室なんかに高い授業料を払ってまで行きたいとは思わないのです。
そんなこんなで探してみると、期限ナシ目的ナシの私でも、ゆるく学ぶのにちょうど良い教材が身近にあることに気付いたのです。

今日は、英語をゆるく学ぶ教材としてEテレの英語学習番組を紹介したいと思います。

けっこう前ですが、こんなことがありました。

(職場の内線着信)

私 「はい、○○部○○課です。」
相手「Hello, xxxxxxxxxxxxxxxx ?」
私 「(やばい、英語だ...).....(汗)」
相手「xxxxxxx, xxxxxxxx ?」
私 「(答えねば...しかし何と言えば...).........(ごめんよ、ごめん...)」
相手「xxxxxxxxx!? Hello?Hello!?(怒)」
私 「ううう...アイムソーリー。アイ、キャント、スピーク、イングリッシュ(涙)」
相手「xxxxxxxxxxxxxxxx...Sorry...xxxxxxxxxxxxxxx(終話)」

こんなこともあり、ぼんやりと英語話せたらいいなと思い始めました。

Eテレの語学学習番組を録画し始める

はじめはどんな番組が自分に合っているのかさっぱりわからず、手あたり次第に録画してみました。
(内蔵ハードディスクの容量はカツカツです。)
その中で毎週録画に移行したのが次の2番組です。

プレキソ英語

スシタウンで暮らす、お寿司キャラの「ツナ君」達が英語で話します。
対象年齢は小学校高学年向けですが、大人が見てもいいじゃない。

検索していたらすごいものを見つけてしまいました。

なにこれすごい...全話動画で見ることができます。
このサイトがあれば、もう録画しなくていいじゃない。

エイエイGO

宇宙船AA号を舞台に搭乗員の3人が大奮闘。
中学英語レベルで、「語順」と「発音」の2本柱のカリキュラムだそうです。
(NHKゴガクサイトより抜粋)
プレキソみたいな動画サイトはエイエイGOではありませんでした。いや残念。

この番組、現在第2シーズンを放映中なのですが、第1シーズンの搭乗員のジュンが優秀な成績でめでたく卒業し、新しい搭乗員トシキを迎え、おかしな方向にパワーアップしております。

例えば「bug」の発音のありがちな間違いの例で、
番組としては「ブグ」と間違えて欲しかったであろうところ、
トシキは開口一番「ボグ」。
英語で「春」はなんて言うでしょう?と問われて答えられなかったり、
アブクド読みの練習では「g」を「ドゥッ!」と発音するなど、
視聴者の予想の斜め上を飛び続けています。

偶然にも私と同じ名前の先輩搭乗員、キナコさんはおとぼけでかわいらしいし、
もともとあまり好きではなかったキャプテンジンナイもだいぶ見慣れました。

スシタウンの方は短いストーリーで全編英語なのに対し、
エイエイGOは先生の日本語による解説があり、授業形式で繰り返し繰り返し言わせるところがスシタウンとの大きな違いです。
対象年齢はスシの方が小学校高学年なので簡単な英語のはずですが、
日本語の解説がまったくないところと、会話の速度がエイエイGOほどゆっくりではないため、むしろスシの方が難しく聞こえます。

英会話教室に行くのは、これらの番組で自信をつけてからでもいいかもしれませんね。
私は行きませんけど。